Blog

ポーランド旅行②建物・街並編

ポーランドは、ショパンが産まれた国です。
街のいたるところにショパンにまつわるものが
置いてあったりします。

こちらはショパン像。

 

こちらは聖十字架教会。
なんと柱に、ショパンの心臓が埋められています。


ちなみにポーランド、というかヨーロッパは
この時期はだいたい曇りか雨です。
わたしの旅行中も、曇ってたり小雨だったり、
という感じでした。

曇り空。

 

クラクフは、馬車がたくさん走っていました。
お金を出せば乗れるようです。

 

今回の目的のひとつでもある、
ボレスワヴィエツというポーランド陶器のお店です。

目玉のような丸や、お花など、個性的な絵柄がとっても可愛いのです。
母からのお土産でお皿をもらってから、
すっかりファンになってしまいました。
ヨーロッパに旅行に行くたびに、ちょこちょこ揃えています。

日本でも購入は出来ますがやはり高いのです。
現地はマージンが無いプラス、もともとポーランドの物価が低いのもあって
とっても安く購入できます。

ここぞとばかりに、大量購入してしまいましたが、
まったく後悔をしていません。
良い買い物しました。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply